パニック

新年に変わり今年もどうぞよろしくお願いします。

さてと例年家族旅行しているが、富士山の表情に魅力を感じて
他の何処へも行く気にも ならない私。

息子家族はそれに振り回されることは嬉しくないようで 今回は娘家族と行くことになった。
12月29〜30日 年末の忙しい時なのに・・・
道中混むのは嫌だからと 朝7時には出発
朝食は東名高速のインターチェンジ(日本坂)ですませる。

始めに 「さった峠」 に寄る 雲が多くて 富士山は見えなかった。

次には ”富士川 河川敷” 鉄橋と富士山 を 念願!

これには” ドクターイエローと 富士山” を 友と行こうと思っているので
道順を覚えようと必死で 2〜3回 迂回したりして娘婿が親切に廻ってくれた。
でも 完璧には覚えられなかった(笑)

ここでも瞬間に富士山は見え隠れしていた。

ところで バッテリーが途中で無くなったら困る・・・と バッテリー情報をみたら
「残量 2メモリ」・・となっていた。
(2つでも相当使えるからいいかな?)

もう一つは 充電したものを持参。

少し使っているうちに 「1メモリ」になった。
途中で無くなったら困るからと入れ替えた。
満タンのバッテリーに入れ替えた(積り) みたら えっ? 「残量 1メモリ」
あちゃ〜私は 頭の中がテンパイになった。

カメラが使えなかったら この先何しにきた?・・・

私が大騒ぎしたので カメラ店を探し始めてくれた。

孫は スマホですぐ探してくれ (へぇ〜 さ〜すがと新兵器に驚いた) 
この先を左に進んで〇メートル・・・ 右に・・・とか道案内をしてくれ
パパ(娘婿)は ハイ ハイ・・・と すぐのところを探し当ててくれた。

でも そこの店には充電器は置いていなかった。勿論バッテリーも置いてない。
あちゃ〜〜〜頭の中がもっと テンパイ

気を撮り直して もう一度バッテリーを入れ替えてみたら 満タンのしるしが 出た
なんで なんで???そんなバカな おば〜ちゃんはボケた」

私が入れ間違えたようで パニックから 一転 安堵となった訳
もう〜〜〜やっていられない間違い。

夕方4時過ぎからの田貫湖 紅富士
(*赤富士は 雪化粧していない夏など 赤くなる富士山) 
を見なくては 時間を計算して到着。

一日の締めくくりのように くっきりと きれいに赤く染まった紅富士の出会いに
やったねぇ 嬉しい ご機嫌 ヤッホー♪(笑)
夢中で撮りまくった。

陽もすっかり落ちて 薄暮の夕暮れを見納めて宿に着いた。
3つ星とかのホテルだったので 広くてきれいで 孫たちはおおはしゃぎ!

翌日の失敗は まだまだ続く 笑

翌朝5時過ぎに宿をでた、凍てつく山中湖の周りは マイナス2 と なっていて とても寒い
そして やっぱりここでもすっきりした富士山の出会いは難しい!

早朝の湖は 薄暗いので三脚なしでは無理なのでしっかりつけて撮る。
ハクチョウがいつもいるので富士山と その表情を・・・が目当てだった。
ハクチョウは水辺(下)なので三脚から外して撮る。

そんなこんなをしているうちに 三脚のことはすっかり忘れてしまった。
周りには大勢いた人たちも 私たちだけになっていた。
気がついてみると その三脚が何処を探してもない ない あちゃ〜不思議 不思議

夢中でハクチョウと遊んでいるうちに 誰かに持って行かれたのかな?
・・・
まぁ〜いいかぁ〜自分が悪い 残念だったけど仕方ない。
(後日すぐ買いに行ったら1万6000円もした)

間違いやら 失敗ばかりする自分に 歳のせいと思いたくないけど 落ち込んだ!
ホテルに帰り2度寝した。

こんな失敗ばかりするから もう嫌だ、旅行は止めるね・・・って言ったら、
失敗しない旅行なんて楽しくない・・・ ダメ ダメ とおおはしゃぎ。
おば〜ちゃんそんなこと 若い私たちだってもっと もっと ある ある・・・と。

きれいなホテルでゆっくりしたいのが 娘たちの夢だったので
チェックアウト いっぱいの12時まで ゆっくりして宿を後にし
カチカチ山へ廻ったけど 人出がいっぱいで止めて他を廻りながら帰途に着いた。
何処へ廻っても富士山は見え隠れ程度で残念!

ご馳走を沢山食べて お腹満タン 臭い 臭いおならを出して 車の窓を開けたり
たわいもないことで 大笑いの珍道中しながら
娘家族とパニックやら 富士山撮りの楽しい 思い出多い旅になった。

2017/1/4 up