健康

脳梗塞を起こして入院した叔母さん もう一年が過ぎました
その後一旦は自宅療養になり叔父さんは家で献身的に
3ヶ月間お世話をされました
ところが頭の術後が化膿して再入院となりました

先日もお見舞いに病院へ行ってきました
咄嗟には満面の笑顔で迎えてくれ 暫くだったこと詫びたら
「写真で忙しいの?」叔母
「そうよ ごめんね」
「また写真見せてね」叔母
「あら〜嬉しいことを本音で言えるのかしら・・・
嬉しいわ〜」

暫く顔を眺めながら雑談していると俄に顔が変わってきました

「お茶をどうぞ・・飲む?・・」って看護婦さんが持ってきてくれました
その手を私と交代して 添えて飲むところを
拒否反応なのか コップいっぱいのお茶を
ベッドのお布団の上に こぼそうと 
私の手をきつく握りしめて異常な行動を起こしました

それからベッドを起こして・・ 倒して・・お尻が痛い 手が痛い 肩が・・と
次々と困らせました
たった一時間位の間に冷や汗びっしょり!
そうねぇ〜そうねぇ〜・・では通りません

そんなようすを叔父さんと話したら 勿論病気から来ると思うけど
そんな姿が切ない 毎日顔を見に行くけど 
「きょうはどんなかな いい顔しているかな?
そればっかりだ」・・と 叔父

先日も私に 「帰れ 帰れ」・・って余りにも正面きって言うので
気分を壊したけど病気からくるんだ!
さらっと受け流して 翌日も行ったら にこにこ顔で
「ありがとう 来てくれた?・・」

何が本当だかちっとも判らない
病院でも困らせて大部屋ではみんなに迷惑を掛けるので
個室に入っています
でも毎日それだけで個室料8000円も掛かるそうです
年金生活で何処まで続けられるか不安やらまた妻を安ずる日々に
叔父さんは憔悴しきっていました

自宅療養にしても頭蓋骨はまだ出してあって
傷も癒えていないし・・

あの颯爽とした暖かい叔母さんは何処へ行っちゃったの
昔に戻れるかな 変わちゃって切ないなぁ・・

私も毎日思うことは叔父さんや 叔母さんのこと
自分だって 何時何処で何が?・・って 思う
健康でいなくちゃあ〜ね

10.2.16
右上×で戻ります