小姑

我が家の姫も大きくなって一丁前に私と対等に戦います 笑
このところ夏休みに入り接点も多くなって 笑えるやら 怒れるやら・・

@
先日のお昼前
「お腹空いた 大急ぎでお昼を作ろう」ばば
ソーメンをさっと茹であげて つゆの元で塩梅よく薄めて
薬味を切って さっと出来上がり♪
あとは残り物を出すだけ・・

「おぉ〜なんて 早くて美味しそう♪ おほほ・・」ばば

「それって ナルシズム じゃん!
自分で自分を褒めている訳ね」 って 姫

当たりだけど 偉そうにねぇ^^;)

A
テレビで偶々小耳に挟んだ言葉
「成田 △△△」

姫「今のは何?」
ばば「地名じゃ〜なくて 名前みたい?」
姫「名前 っていうのは氏 と 名前だから 聞いたのは”成田” だから それは氏であって名前じゃない」
「はぁ? 総称して名前って言うので 名前には違いないから どっちでもいいじゃん」 ばば

「それじゃ〜あんたの名前は・・って聞かれたら いつも 氏は言わないで 名を言う訳ね
判った 呆れた 面倒じゃ! やってられないわ」 ばば 
もう〜〜〜 プンプン

B
姫は テレビみながら 私の台所仕事の手元を見ていて
なんたら かんたら 言います

「包丁を置く時人のいる方へ向けて置いたらいけないよね」姫
「判っている!知ってるわ」 ババ ハハハ

食器乾燥機から乾いた物を取りだして元の位置に収めていきます
鍋の蓋をだして調理場の中にしまおうとしたら
凹んだところにいくらか水が溜まっていました
「ピッ!」 と ひと振りして・・と

「あっ! まだお水が残っているのに仕舞っちゃう訳
濡れているじゃん」姫

「いちいち言わないで もう〜〜〜」ババ

まだまだいっぱいあるけど・・・

小姑になってきた我が家の孫姫(小6)です
色々 すぐ忘れてしまうけど それでいいのかも知れませんね

まだまだ続く夏休みに あらま!

10.8.9
右上×で戻ります