今このとき!

木々は芽吹き 花は春を演じ 日差しもすっかり明るい春・・
なのに気落ちしている日々に思う!

東北関東大震災・福島第一原発事故を受けて 
計画停電や野菜汚染 そして乳幼児のお水問題 避難まで
どんどんエスカレートしていく様に落ち込んでしまいます

今自分に出来ることは何かな? 考えても何もない
高齢者でもあり体力もない それに 年金生活では そこそこなのです
一人一人が1%の支援(県教育長さんのお話から)・・これぐらいは参加したいと
(お小遣いや生活の無駄を省く)
気持ちばかりの義援金ですがすぐ行ってきました
そしてこれからも折に触れ 支援には心したいと思っています

毎日夕方に付ける門灯もぷっつり消え
家の中ではいるところだけにしています
先日はお風呂へ行くとき 暗くて戸が閉まっているのに見えなくて
ぶつかってしまいました これは危ない・・とね

そして福島県(いわき市)に住む友人が気になって仕方ありません
地震直後は 混乱もしていることでしょう 電話も繋がりません
数日後やっとの思いで掛けたら繋がりました
お元気な声に安堵して私は勝手に泣いていました

酷かったようすでしたが無事だったことひとまずでした
「何か困れば送るよ・・」
「何とか保存食やら 大きなショピングセンターも
もう開店しているので心配はいらない」・・

でも交通網も始動しはじめたので何がいいのかな?・・

そしてお水が出ないのでお風呂に入れない(既に10日程)のがちょっと厳しい
お洗濯などは 仕事場の所は幸いお水が出るので手で洗って来るとか
それもひとまず

でも原発から50キロ圏内だとか自分のことはいいけど
若者たちのこれからを案ずる・・とも

それにしても彼女の元気な溌剌とした声に
実害のないこちらが落ち込んでいては
申し訳ないような気がしてきました

従業員の家は流されてしまったとか ただ事ではないのに
愚痴も言わないのです
「従業員の給料も払い込めました」・・と 
きっとやれやれされたことでしょう

高校時代の同期生で 年一回のお便りだけの友
大切な そして大好きな彼女
「なんでも困った時は言って・・」伝えました
「その時は言うので頼むね」と喜んでくれました

落ち込んだり 困った時には人に頼ることだっていい
聞いてあげたり 語るだけでもいい
体力で頑張れる人 精神力で支えられる人
人はそれぞれ
今力になれることを 私はしたいのです
虎(寅)も 偶には吠えるぞぉ!

気落ちから少しづつ元気になれそうです

11.3.25
右上×で戻ります