度量

東日本大震災という大きな災害がありました
そこで思ったことは孫姫が(春から中学生)国内ではあるけど沖縄という
飛行機での旅に出たことです

あの災害の日から私は何もかも悲観的な見方になり
何処へも行きたくない ただ呆然とした日々なのです

「そう 沖縄へ行くの?」・・って何回も尋ねてしまいました
家族とか友人同士で行くのとは違い たった一人で・・
なんたらテレビでのツアー募集のようでした
行けば周りはみんな友達同士には違いない
”けど けど・・”
今 国中パニック状態の時に
そのパワーってどこから来るのかしら?
呑気で いい加減で 何を考えているのかしら・・

4泊5日の旅に出ました
(震災10日後の3/21〜25日)
大きな大きな荷物を作って
両親に空港まで送って貰い出掛けました

”目的があるから行くんだぁ”

”その目的は?”

沖縄の青い海を自分の目でみて そして泳いでみたい
船にも乗りたい 水族館にも行きたい
チャンスがあればイルカでにでも会えたらいい!
が夢のようでした

このような夢を抱けることがおば〜ちゃんの
私にしてみたら とてつもない大物に見えるのです
だってこんな時期でもあるのにねぇ
(尤も申し込みは随分以前のようでした)
周りは知らない人たちばかりで・・へぇ〜〜〜

色々のことをそれなりに楽しんだようで無事帰宅しました

「またチャンスがあったら行く?」・・って聞いてみたら
「う〜ん 考えるね?」
「どうして?」
「もっと自由だったら行くかも?」

色々と規制があるらしい(当然)
はは〜〜〜ん

「じゃ〜大きくなったら英語も自由に読めるように勉強して
一人で行くんだね」

「あのね どこへ行っても字が読めないのよ
カナをふって置いてくれればいいのに」大笑

単純な動機のツアーではあるけれど
姫の一人旅におば〜ちゃんはびっくりしました

そんな自由をさせてくれる両親(息子と嫁)にはこれまた度量があるね

話は別だけど 今までで一番びっくりしたことは?聞いたら
今回の地震だっていいました
少しはそんなこと考えているのかな?
電氣節約せよ・・って 消して廻っています(笑)

11.3.30
右上×で戻ります