コゴミ

”コゴミはアクは全くなく 湯通しするとあざやかな緑色になります
香りはありませんがすこしぬめりがあって
クセのない万人向きのとても美味しい山菜”・・とありました

さてと戸隠の宿で頂いた豊富な山菜
今までも何回となくそちら方面へ旅はしましたが
今回ほど山菜たっぷりなそして素材を活かした
ひと品ずつには舌つづみを打ったことはありませんでした

余りの美味しさに宿のご主人にお礼を申し上げたら
帰るときに袋いっぱいに採れたてのコゴミを頂きました

帰宅後早速湯通しして味噌和え黒ゴマ和えなどにしました

鮮やかな緑色 そして ぐるぐると渦巻きの芽 茎は線が等しく入っていて・・
3回目に食べようとしたとき
唖然!!!私の大嫌いな青虫に見えてしまったのです

細かく切っても 切っても・・・
茎は茎でも虫の胴体と同じように線が入っていて虫のようです
山では擬態しているのか虫には見つけにくいようにして育つのかな?・・とか
ほんとうにどこからみても 毛虫たちにそっくりなんです

食べるどころではなくて 見るのも切なくなってきました
沢山頂いたのでまだいっぱい残っています

それでもと思い直して 3回目には茹でたキャベツで包んで
姿が見えないようにしてみたり・・
友人に話したら「誰かにあげれば」・・って
でもでも私の中で受け入れられないものを人さまにはとても
上げられないと捨てることにしました
どうしてもダメなんですぅ ごめんなさい

またチャンスがあったらあの宿には 行きたいと思っているので
その時はそっと友人の誰かに食べて貰おう・・って
行けるかも判らない遠い 遠い 戸隠だけど
笑いあったり 思い出したりして 次回に夢を馳せています

11.6.23
右上×で戻ります