ひと先ず・・

周りを見渡せばすっかり秋の気配です

仲間であり いつも写真撮りにご一緒の友人が
8月中旬の検診で癌が見つかりました
まさかまさか現実は近くで起きました

私が60歳の時パソコン教室に一年間通い ネットの世界を知りました
その時の先生が私の夢中になる姿をみて
ネット上で友人を募ってくれたのが今回の友人です

ひと昔前は癌というと即 命を絶つというイメージがあって
昔人間の私は人生のどん底を見たようなショックを受けました

夫も自分が53歳の時癌で亡くなり 父も 叔父たちも癌で亡くなりました
その時は自分自身が若かったせいか
心にいつもすきま風が通り抜けるような寂しさを感じましたが
月日という良薬に前向きにクリアーできたように思われます

そしてここ10年間というものは仲間を含めて 写真撮りに填り
写真談義に華を咲かせた日々に 友人の突然の検診結果に驚かされました

自分が加齢したことでなのか ストレスも半端でない受けようでした
友人たちも驚いたけど 当の本人が一番前向きというか
「心配をして病気がよくなるなら心配をするけど・・」って
あっけらかんで救わる思いです
昔とは医療も施術も違っていますものね

その友人が9月下旬腎臓半分摘出して術後も順調なようすに
”大丈夫”・・って 本人
ひとまずやれやれの状態になりました
(本人から 「書いてさっぱりして 前向きになったら」
・・と後押しがありました)

やっと気持ちも少し前向きになれたようなここ数日です

11.10.11
右上×で戻ります