鳥さんいない!

寒い時期になると冬鳥たちがやってきます

例年11月中下旬にはジョウビタキなどヒタキ類は 
”ヒッタカタッ”・・新しい所での縄張り争いのためか
啼いて季節の便りと共にやってきて知らせてくれます

わぉ〜来た来た♪ とても嬉しくなります
時々夏の虫の残りが啼いていて 間違えて あわてん坊もしたりします
それぐらい訪れを待ち焦がれているのです

その野鳥たちの姿が今年はめっきり減って何だか変です

でも唯一コハクチョウの訪れが12月上旬にありました
それ!・・と ばかりに 池に行け 行け♪

2家族だと思うけど 9羽の訪れでしたがいつも遅れて舞ったりする一羽は
弱っていて 水辺に口を付けて飲むような仕草で死んでいました
可哀想にねぇ〜

そして月夜が煌々と輝いた早朝から 一羽も姿が見られなくなってしまいました
どうしたんでしょう?

野鳥撮りでひとつの輪が出来たような仲間たちも
みんなあちこちと走り廻ってみたけれど
4日ほど経った今も近くにいる気配がありません

このままずっといなくなってしまうのか・・と

あの どこからともなく集まってきて 首を振り振り
鳴き声が揃うと一斉に飛び立ちます
写真に撮れなくてもいい あの一斉に揃って合図をしたように
大空へ舞っていく勇姿が見たい
素晴らしい見応えのある一瞬なのです

今期はこれでお終いになるのかと思うと残念で
寂しくてたまりません

帰って来たよ・・そんなこと夢見ているよ

だって例年 北へ帰るのは 2〜3月頃のようだものね

12.1.14
右上×で戻ります