あの日から・・・

あの3月11日の大震災から続く地震と原発事故

数日前 茨城にお住まいの友人に お元気にお過ごしかと電話をしました
放射能問題では 終息どころか この半月程の間に問題点が出はじめて
途方にくれていました

彼女は原発から 40キロ圏内に住んでいるそうです

そしてその後も毎日ゆらゆらしていて 目が廻るようで
ご主人に聞くことは 「今揺れているか?」・・って尋ねることだそうです
揺れていなくても ストレスで気持ちまで揺れているのです
可哀想にね

今一番気に掛かることは放射能のことで
雨樋を伝って下に落ちる数値は半端でないこと
土は雨樋あたりのものは掘って掘って 毎回5袋もゴミに出し
石もその近くにあったのはゴミに出し 木ものは全部葉っぱを切り落とし
辺りからは子供たちの姿は勿論 大人たちの姿も消えて
殺伐とした風景が情けない・・と

家で食べる野菜は作っていたけど もう止めたそうです

そして息子たち将来のある子供のことを一途に考えて
あの元気者の彼女が深く落ち込んでいる姿に胸が傷みました
どうしてやることも出来ないです

身近なことを聞いて まだ風化するほど日も経っていないのに
他人事のように思っていたことに とても申し訳ない思いです
世の常なのかも知れないけど・・・

そして傾聴ボランテァしかできなくてごめんね

お互いにここまできた人生  
ぼちぼちながら 何とか元気で生きていこうよ

***
これは少し前に書いたものです
UPする気持ちが失せて そのままになっていましたが
やっとUPする気になりました

12.2.1
右上×で戻ります