巣立ち

ひとりごと・・長いこと留守(笑)にしました
何だか何も手につかないような?ただ鳥さんに会っていれば
気持ちが落ち着くというかそんな日々だったと思います

サンコウチョウが例年山へ来る時期から
私の山通いがまた始まりました

そんなある日 巣作りを始めたその日に出会えて
嬉しさやら楽しみやらでその時 足ががたがた震えました
これ ほんとうです 笑
そしたら結構大勢の方も見つけていて驚きました

それからというものは この鳥の雛が無事育つように
見守ろうとみんなで硬い結束で始まりました
巣の下では見たくて仕方ないのをぐっと抑えて
そっと通り抜けたり・・と

でも心ないご夫婦の出来事もありました
”みんなで雛を無事誕生するようにしましょ!”・・って
言いあっているのに姿が見えないご夫婦があり
おや おや?・・って 巣の所に行ったら すぐ下で 子育て中の鳥に
レンズを向けて撮っているではありませんか
みんな巣作りの所から離れて三脚を立てて半日も一日も
偶にでて来るその瞬間を待ち続けるカメラマン(お楽しみ)たちなのです

それにしてもあのご夫婦は一本道なのでどうしてあそこまで行ったのか?・・って
山の向こう側へ廻り山道を約40分も登り廻ったようです

ただひたすら鳥さんに会いたくて 毎日待っている人たち(12〜3人ぐらい)で
カンカンに怒りそこへ3人ほどで行って
「あのね みんな 鳥さんに会いたくてもずっと我慢している!
子育てに影響ないように!・・あなたたちもそのこと知っているよね
そんなのは泥棒だ!」

ひたすらすまない・・って言って ご夫婦は間もなく帰りました
なんと後味の悪さよ でも 約束は守らないと・・

その後 周りの人たちで 今日か明日辺りには巣立つから
子育てにはもう影響ないと思う!
”毎日待ったので 一人ずつ交代で雛の可愛い様子を短時間で見よう”となり
その時 事件は起きました

ヘビも雛の巣立つ寸前に食べに来るなんて信じていなかったのですが
今年もそれを目の当たりにしてほんとうの事だと思う出来事でした

雛の1羽が羽ばたきを初めた所にヘビが木から落ちて
1羽を捕らえ飲みこんでしまいました
ちょうど順番でみた人が大騒ぎして 殿方みんなでそのヘビを
探し出してやっつけました

まだ雛は3羽いたのでその選択も仕方ないのかと思いました
静かな山も一瞬にして大騒ぎになり
あと3羽の巣立ちをひたすら見守ることになったのです

自然界の厳しさを目の当たりにしたことで
どの顔も青ざめていました
私は興奮して夜も寝付かれないほどでした

雛の親はもっと もっとびっくりしたことでしょう
そして可哀想に犠牲になった雛にもごめんしてね!
後の雛たちよ 元気に巣立ってまた来年も来てね
♪ グビィー 月 日 星 ホイホイホイ・・♪ 待っているよ

12.7.21
右上×で戻ります