コウノトリ

すっかり怠けていたひとりごと 暑い 暑いの今夏で何もかも忘れていました
暑さには強いはずの夏の誕生日なのです
その誕生日に鳥撮り友人から 出掛けると連絡を頂きました

さてと 夏は鳥さん出が悪いので 田んぼでも廻ろうと言うことになりました

”コウノトリがいるそうだよ”

広い田んぼは稲穂もたわわに実り 黄金色に 萌え そろそろ収穫を迎える頃なので
シラサギやアオサギが目につきます
”居た 居た 違うわ”.. ばっかり 笑
じゃ〜カメラマンを探した方が早いわ

かなり走ったところで 友人が大勢のカメラマンを見つけることが出来ました
ざっとカメラマンや地元の方を含めて 100人はいるようにも見えました

国の特別天然記念物(コウノトリ目 コウノトリ科)です

むせ返るような暑さの田んぼ 一羽の鳥さん 稲穂の間を行ったり来たりしていました
やったね! こんな珍しい鳥さんに偶然会えるなんて もう舞い上がっていました

半端ない暑さなので木陰を探しながら一時間半位したとき
歓声とも どよめきとも聞こえる大勢の人たちの熱気で 上空を見上げれば
二羽の鳥が旋回しているではありませんか♪

そして田んぼにいた一羽も加わり三羽になって舞っていました
真上なのでデジも儘にならないけど 夢中で撮りまくりました
見ている間に 上へ 上へと どんどん舞い上がって行きやがて見えなくなって...
夢のようなひとときでした

振り返って見てみると田んぼにいた一羽の鳥さん 盛んに 大きなくちばしを
上に向けて開けたりしている仕草がありました

「ウイッキ ペディア フリー百科事典より引用させていただきました
成鳥になると鳴かなくなる。代わりに「クラッタリング」と呼ばれる行為が見受けられる。
くちばしを叩き合わせるように激しく開閉して音を出す行動で、ディスプレイや仲間との合図に用いられる」

このことで知ってなるほど なるほど

先に田んぼにいた一羽が仲間を盛んに呼んでいた仕草が納得できました

こんな珍しい鳥さんに会えるなんて...と 翌日もまた違う友人と
近くの田んぼをあちこちと車で走り廻りましたが
結局はその日一日で 鳥さん見納めになりました
その間たった4日間の滞在のようでした

私のちょうど誕生日に 国の特別天然記念物の コウノトリに会えるなんて
夢のような素晴らしいプレゼントでした

元気でいればこんなに楽しくて嬉しい輝く命を与えられたことに
ご一緒できる友人たちにも感謝ばかりです

13.9.4
右上×で戻ります