夕焼け

秋の夕暮れは 日没が早いこと
あのとろけそうな卵の黄身を彷彿とさせる夕陽
西の空に沈みかけた太陽 やがて茜色に染まり
薄暮の世界に包まれる 
そんな光景に出会いたくて
せかせかと散歩を兼ねて出掛けます

ちょっとでも早めでは駄目 うっかりすると 沈んでしまったり
雲に覆わたり思うように見られない夕焼け

きょうの夕方もせかせかと歩いて出かけました
見晴らしのよいところで西の空を眺めていました

すると 近くに車が止まり二人の子供連れとパパらしき方!

周りは見晴らしはよいけれど 湿原なので こんなところに車が止まる
なんだろうなぁ...と 気持ちが先走りました

先におりて来た3〜4歳の子供さんから
「こんにちわ」 可愛らしい声が掛かってしまいました

「あら こんにちわ!偉い おば〜ちゃんから 先に声を掛けなくちゃいけないのにね...」

いい大人が先に声を掛けられなかったことが恥ずかしい

パパさんは後から車から降りてきて にこにこして挨拶してくださり
子供たちの世話をやいていらした

私の心は夕焼けのように真っ赤になりました

’13.11.21
右上×で戻ります