サギ

例年訪れる池に今期は4羽のコハクチョウが 11月下旬 訪れました

午後バイクで様子を見に行き 池の周りは湿地帯で覆われていて
山側は 落ち葉の感触よく 鬱蒼とはしているけど 一周するにはとてもいい散歩コースです

午後は コハクチョウがこの池にいないことはすぐわかりました
それはカメラマンが一人もいないことです
でも折角きたので一先ず一周しようと歩きはじめて
もうすぐ元の所へつく頃 初めてお会いするご婦人と雑談が始まりました

「探鳥はいいわね」ご婦人
「はい 先週は大阪 梅田まで鳥見に行ってきました」
「 私の実家は梅田で先々週行ってきたばかり...」と その方
二人でへぇ〜〜〜と そんなことがあったのね 笑いあいました

その後 お互いに帰り道に別れてから 遠いところで声がしました

「鳥さん4羽でこちらに向かって舞って来ますよ」...
私はバイクまで走り カメラが入っているので おお急ぎで出そうとしても
一向に鍵が開きません 汗びっしょり

やっと開いてカメラを手にしたときは もう鳥さん 池に降りてしまいました

仕方がないので 鳥さん降りた方向にカメラ抱えて歩き始めました
30分も掛かる湿地帯の 真ん中辺りで 友人が電話くださり もうこっちにいるよ
「へぇ〜〜〜なんのこっちゃら」

慌てて鳥さんめがけて歩いたその鳥は シラサギ でした

本物ののコハクチョウは私が歩いている間に先ほどの所に舞い降りたそうだ
あちゃ〜〜〜私は サギ にあってしまいました

汗びっしょりになってカメラ持って 池一周はいい運動でしたが
本命のコハクチョウは反対側に舞い降りたようでせっかちが災いしました
そこにそのままいれば ばっちりのタイミングだったのに!

大勢のカメラマンンがこの瞬間を狙って何時間も待ちぼうけをするのです
そんなチャンスを 瞬時でものにするには虫が良すぎたのかも! 笑

あ〜〜〜サギ に会えた ついていない午後でした

’13.12.17
右上×で戻ります