後味悪い!

ドクターイエローなるものの写真撮りに嵌り 安全のための新幹線は
何処へ行って思うように撮れないのです

地元でも通るので随分バイクであちこちと探し廻りました
田畑も多く低い位置からなので電車の見どころが 腺ばかりでどうにもなりません

思いは膨らみ 新幹線駅下りホームの 一番端に目をつけました
じっと先を見つめて 今か 今かと 黄色の電車をイメージして待ちます
時間は決まっているようですが通過日はあくまで予想なので
外れることもあります

わざわざ出かけたので その一瞬を逃したくない思いが強くなってきて
見通しのよい邪魔物がないところ狙いです

そして嵌りに嵌って遂に駅員に注意をされてしまいました

勿論 柵内だけど カメラを置いたところが柵よりちょっとだけ出ていました

頑固者の私は
「その柵内で外には出ていません カメラはここへ乗せたけど(えへへ)...」
(柵を止めてあるブロックの上)
「遠くからみたら 危ない ダメだ!警察沙汰にでもなったら..」と
くどくど言われました

それも当然のことだけど 撮り鉄に熱くなっている自分もありました
私もその無謀の一人だったのかと 顔から火が出そうに恥ずかしくて
その場をそそくさと立ち去りました

でも でも あそこはダメなのかな?...って 自分の意志を通したくなったり

よく言われる撮り鉄マンの我がもの顔の 迷惑だけは絶対に掛けてはいけません

反省やら そんなぁ〜と 後味の悪さだけが残りました

平成 26/11/7up