精一杯

またまたテストながらのひとりごと!

年寄りが集まると 病気の話、年金の話、亭主の悪口と、言われる。
私もその年寄りの一人である。

一人の友達は体力に自信があって お元気な証拠なのか 77歳なんて思いたくない...と
誕生日を迎えた日のこと 私はそんな歳ではない 今だって当年(10年)取って毎日 66歳だと思っているとか
一番の得手は草取りだって! 夢中になってきれいになって行くことが凄い励みだと♪
勝手に歳が大きくなってしまって ”嫌” って言って笑った。 
77歳の誕生日のことだった。

もう一人の友は病気がちのせいか、毎日先のことをばかり考えて落ち込むことが多い。

私は 外仕事2時間もすれば ほ〜ほ〜言って 家に這い上がって
着ているものを脱ぎ捨ててベッドへ滑り込む。
ここまで来ると 個人差がどんどんでてくるのは仕方ないことなのかな?

ところで 一番辛いことが 長寿社会の裏返しのような話を友達から聞いた。
長生きは一見聞こえはいいが ”長寿は悲しみ 辛いことだ”...と、
なるほど と 頷けたのは確かなことのような気もする。

元気で動けて好きなことが自由にできるうちはそんなこと関係ないのかも知れないが
すべて止まってしまた時は どう考えても悲しみ 辛い!
その加齢に突き進んでいる昨今をちょっとだけ意識した。

年金の話は自分に見合った生活ができればそれでよし!

亭主はもうあの世へ送って早くも25年にもなって忘れることが多くなってきた。
娘なんて酷いことを言う 「お父さんの顔思い出せない」だって!
アルバムから 抜いてあるから、見せよう... 失礼しちゃう話しである(笑)

今は出来ることを 精一杯楽しんで 元気に過ごしたいと思う昨今である。

テストながらのひとりごと!

2015/6/5 up