情熱

新しいページとなり テストながらのアップです。
(試行錯誤して やり方が違って 気持ちも アップ アップです 笑)

さてとこのところ早朝 2〜4時頃になると ふくらはぎの辺りから足首に掛けて
筋肉がキュンキュン しまるような痛さと 硬直で立って歩けないない状態が数か月続いた。
山道を重たいカメラを持ち写真撮りに出掛けるのはもう無理なのかと 愈々と訪れた加齢の現実であった。

孫姫も資格があるので約2か月 鍼の施術をお願いした。
仕事帰りに寄って貰い施術して貰ったがどうもこれは私の今には合っていないような
気がして一先ずストップとなった。

今まで通院していた整骨院へ行くことにした。
施術の間に先生はとてもいい話をしてくれて 気持ちも軽やかになって行くことが判る。

先生は ”医術もすべてその人の持つ情熱と謙虚さ” から だと言われた。
老若男女と色々あるけど心して事に当たれればその答えは自分に返ってくるものか...と
なるほどとその言葉に深い感動を覚えたのある。

私はすぐ自分の写真撮りに当てはめて考えたのが笑えてきた。
その情熱があれば成就できるかも...と

その話を孫姫に話をしたいのですが まだ若年の孫には その話は無理だろうと
私の娘とその話をして共鳴することができて加齢も辛いことばかりではない...
そして 成長出来ればいいと思う。

2017/6/3 up