ミツマタ群生

木々の芽もほっこりと顔を出し始め 早春の花も今を盛りとなった3月下旬
写真撮り仲間と早速行くことになったミツマタ群生地、
昨年も2回ほど行ったので調べてみたら この時期だった。

”よし 今丁度いい時期だ行こう” と!

さてとミツマタ群生地は山奥深くて怖い曲がりくねった細い山道をどれだけ走るか
想像もつかない程 走る 走る、
対向車などほとんどない山道は 油断もあっては尚大変と!
道路はアスファルトながら 崖から落ちた小石や大きめの石がゴロゴロ
これが車体に当たれば当の私達も命の保証はないなと友たちと言いながらも走る。

そろそろ群生地はこの辺りだな と 同じような森林の景色だけどよく覚えているものだと
感心したり 神経を研ぎ澄まして辺りを見回しての群生地探し、
見つけた・・・と おおはしゃぎ。

急斜面でこのおば〜ちゃんには 歩くだけでも重労働なことこの上ない、
枝の棒を拾って杖変わりにしたり、
 2日目の時は山登り用のステッキを持って行き ゆっくりと斜面を登り下り。

今年は開花の状態が丁度いい時期に出会えたと嬉しさと、
ナイスシャッターチャンスを見つけたいと夢中になって 歩き廻る、
ちょっと脇をみれば くらくら して 尻もちをつきそうになってもカメラは放さない(笑)
昨年よりも今年はもっと咲き具合が良いと 高揚した気分も抑えられない程に。

そして次の場所はと言えば長い山道を登って行く、
沢もあって下を見れば結構な水が流れていて 木板の橋が掛かっている
高さはそれほどないのだが・・・
最近目が廻ることを覚えて渡れない困ったなぁ。
友に「すまないねぇ 助けてくれる!」と手をだして お手手繋いで貰う始末!

さてと翌日違う撮り仲間が行きたいと言うので、私は道案内を頼まれ
何処を曲がって 何処を通過と 地理に弱い私はメモしながら覚えるのに必死、
頭の中はフル回転 認知症の始まり・・・だ なんて言っていられる場合じゃない。

翌日 その友は 用事で行かれなくなって 道案内はしなくてよくなった、
ほっとするやら 折角覚えたのにぃ〜〜〜(笑)

今年もまた凄い山道を2日間走り廻り、何と言っても無事に通れたことや、
念願が叶った被写体に出会えた喜び、
ドライバーさんに感謝いっぱいの気持ちが、てんこ盛りの早春であった。

    2016/4/1up