これって何?

何となく過ごしてしまう日々 もうじき7月を迎えてしまいそう。
無理は出来ないこと判っていても・・・
このところの目の前のちらつきがやっとメガネの矯正で出来たのかな?
一先ずよかったと思うこの頃

両方の目で焦点が合って見えることは判るけど?
検査して両目の視力のばらつきがめまいのような症状を起こすこと
そしてメガネで両方少しづつ視力を譲歩して?出来たメガネ、
そんなことできることにまた圧巻であった。

振り返ってみると
1月頃から 何だか前方がちらついてこれは何なの?
2月になってそうだ 加齢による乱視でも入ったのかな?とメガネを作った。
出来上がって掛けてもあまり変わらない、
変だな 可笑しい!・・・と。

そして4月に無理をして遠出のテント張っての夜景撮りに行き、
その時の困ったこと これは普通ではないこと思われた。

その後 耳鼻科 眼科医3軒(いずれもレントゲン検査の結果以上なし)
2〜3軒めの医院なんて酷い! 問診票の書き込みだけでそれをみて
「大体の人がそうなる・・・」で はい 終わり

そんなぁ〜こっちは足元ゆらゆらで歩けないない。
でも検査結果は異状ないので仕方ないのかと諦めた約1っか月、
異常なしなら泣き言はもう言わない・・・と心に思い頑固者の私は日々のみ過ぎた。

でも でも・・・と信頼おける頭のCTなどある内科を受診
ドクターはやっぱり頭は異状なし そして腰椎の歪みからかな?と
違う友も腰椎の歪みで足がふらつくこと判ったと!
よくはわからないけど加齢によることだけは判った気がした。

その後またメガネ屋へ行きその話をしたら
判り易い検査をしてくれて 私はやっと納得できた。

なるほど なるほど・・・
(加齢による目の筋力の衰えや 急なストレスを受けたことで
両目の視度のばらつき
片方づつ検眼したら 右目の時 とんでもない方へ視力が働く
これだけの違いがあってはぐらつくのは当然)

早速作ったばかりのメガネだけど 細心に注意を払ってまたメガネ作りを注文
出来上がったメガネを掛けたら なんと 強すぎて ぐらぐらとどこもここも廻る
あちゃ〜困った 困った
「よし 判った」・・とメガネの店主さんが本気をだして?取り掛かった。
その後 3度目の正直か メガネを作った。
ここ3日程 やっと スムースに見えるようになった

この時のドクターの対応はこれって何???
詳しいこと一言も聞かないで年寄りのたわごと・・・と問題視されないことが
明らかに判り、誰だって加齢していくのに話も聞いてくれない。

もう〜〜〜カッチン カッチン

そこへ行くと商売(メガネさんはしっかりと対応してくれて)この差って何!

3度目の時 嫁に
「これで今度またぐらぐらだったらどうすればいい? 怖い 怖い  困った」・・・と 私。

嫁「メガネさんだってきっとそういう保険に入っているから思うようにならなかったら
何度でも自分の意志を強く持って行くこと 言うこと」と
人生の先輩の私も たじたじのいい返事だった。
ここでもなるほど なるほど!

加齢のこと これが普通だと ドクターたちもさして重大に考えてくれない。
このこと判ったがどうすることも出来ない私たち 加齢組よ。

2016/6/21 up