気ままの私!

時と共に自分も含めてどんどん変わって行く。
孫たちも24歳〜18歳 もう大人の領域になってきたこの頃。

ずっと ずっと続いていた家族旅行も私の気持ちが何となくもやもやしてきて途中中止になったりもした。
同じところに居ながら旅をしていても心がバラバラのような気がして・・・
お金は全部こっち持ちで楽しくない旅はもう止めよう・・と だった。
(以外にはっきりしている私 笑)
息子も娘も自分の家族を思いやり おば〜ちゃんは蚊帳の外だったことかな?
(娘曰く お母さんが勝手にそう思っているだけのことだよ だって・・・)

それと孫たちの成長と共に共有の時間が持てないことも大きな理由でもあった。

でも成長してきた孫にせがまれて、いつの頃からかまた復活するようになった旅行。

振り返ってみると私の子供も早くも五十路ともなり 親の気持ちも判る歳になってきたのかもとも。

そして例年私の強気一点張り(笑) お金だして 私の行きたいところへ行く・・・だった。

富士山への憧れからそれ一点張りだったけど おば〜ちゃんの私も気が少し折れたのかな?
富士山はやっぱり雄大な白い頭が(雪)ないとつまらないので時期は寒い時期になる。
だったけど今回の旅行は みんなのお休みのとれる秋の日に決まった。

近場のラグーナ遊技場(愛知県)に決まり、約2時間もあれば着くので気楽なことで決まり。 

1日目
朝から雨降りであった。
車3台で着くと早々 9人で ワンコイン(500円)で 手相見で楽しんだ。
判ったりすると気に掛かるので迷ったけど・・・(意外と変なところで小心者の私)
結果は皆それぞれに当たっていて? 大笑いのひと時
誰もわが身のこと関心があってこんな機会もあっていいものかと楽しかった。
そして振り返ってみることもまたよし・・・と

後 ランチして 水族館へ行く。
ぱらぱらと小雨が降り続く中 入場者の何処までも人の列には驚いた。
中は押すな押すなと人の列 園内はどこもここも目の前で見られる水族館
身近さが好評なのかと意外さでびっくり!

宿では女性(6人)エステサロンを希望
早めにチェックインしないとみんな出来ないので 3時少し過ぎには宿に着いた。

目の前は海360度と言うけど 本当だった。
でも生憎の雨降りで私の希望だった まばゆいばかりの ”海と太陽のコラボ” 光景は残念!

エステは 前回の全身オイルマッサージが気持ちよくての今回も希望だったけど
手違いだったようで 顔だけのエステで拍子抜けしてしまった。
顔はついていればいい(笑) おば〜ちゃんは 腰や 足がイテテなのでそれが楽しみだったけど・・・あれま!

夕食はまぁ〜まぁ〜 何が?・・・って 言ったら 飲み物などのオーダーが何時になったら来るか?
ここでも人手不足なのかな?
乾杯の用意していても 飲みものがちっとも来なくて  おとっと・・・ 笑い転げて待っていた。

2日目
バイキングの朝食で好きな物をいっぱい食べてどの顔も満足げで宿を出発。
外は相変わらず しとしと と 朝から雨だった。

なばの里 初秋の里は雨に打たれながらも可憐なコスモスがゆらゆらと揺れて秋を満喫しているよう、
雨が好きなダリアもきれいに咲いていた。

入場料が1500円 と 意外と高いのかな?
でも園内で食事をすれば 1000円相当の食券に還元できて これまた このような
客入れ方針で最近よく見られる経営方針でもあるようだった。 なるほど・・・
イタリアン料理で美味しくて満足 満足!

3台の車で移動しながらアウトレットへ寄る。
家の孫娘はパパ(息子)に約束してあった バッグ (5万円以上)を吟味して買ったようで
初めてにこにこ顔になっていた。
それが お友達とのお出掛けの方がいいとかで行きたくなかった・・・と 
そんな約束もあったりと 複雑の思いのおば〜さんの私であった。

時の流れと共に おば〜ちゃんの私は束縛のない勝手気まま生活の日々
呆れるほど体の衰えで萎えてきた先を案じたり まだまだと思ってみたりの昨今である。

さてと暮れに富士山に会いに出かける約束は娘一家で行く・・宿も予約すみ、
息子の方は予定が未定だとかで・・・
見たい 会いたい富士山  今なら何とかまだ出かけられる、
シャッターチャンスが楽しみで出かけられるうちが 今 いま 今である。
(車に乗っているだけで連れて行って貰える それが華だよね)

2016/9/23 up