上を向いて歩こう〜♪

その1
暑かった夏も 凌ぎ良い秋を素通りしたような、 朝夕は急な冷え込みに加齢族は特に戸惑っている。

さてとネットでは今までの人生が変わったのかも?(きっと間違いなく大きく変わった)と思う。
大勢の方達との交流や考えなど ことがある度に頂いていたこの15年は、
本当に大きな成長であったことに感謝ばかりが頭をよぎる。
体調の変化に気づいて振り返ったら、毎日の体調の悪さに右往左往しているこの頃。

健康で過ごせると過信していたが 加齢はどうにもならないことばかりになってきた昨今に驚いている。

罹患したバセドウ病も、現代医学の治療にて (アイソトープ(放射線ヨウ素)) 完治したようにみえたものの
(2年半投薬をこの4月まで続けた)その後この9月に血液検査をしたら数値が悪い時に戻っていてがっかり。
加齢も加わってか? 疲れて 疲れて どうでもよくなってきたこの頃。

それに加えて不眠症に 悩んで どんぶちに落ち込んだようである。
バセドウ病辺りから 半端ないこむら返りに悩まされている。
(どうもホルモンに関係があるようで?)

数年前からふくらはぎのこむら返りが起きて(早朝の体温 気温が下がる時になると思う)
 ベッドに掴まってふくらはぎを外側に筋肉を思い切り張らせると
痛みも数秒で取れてもう怖くない・・・と豪語して 内科医の先生の前でやって見せた(笑)

でも日が経つにつれて 足全体が罹り 動けない 悲鳴が出そうに痛い そしてこの頃は毎日のように起こり
普通でも眠れなくて困っているのに 早い時は 寝たばかりの1時頃 そして 朝まで数時間おきになる、
その翌日の体調の悪さよ 欲も得も無くなってきた。

周りでどんなに励まされても お尻を叩かれても 意志とは裏腹のこと 病気で悩む人の心が判ったような気がした。

でも偶に すっきりと 5〜6時間眠れると あ〜〜〜よかった 嬉しい 健康の有難さも味わえたり
その反面 睡眠の重要さも 肌で感じた・・・そんな日々
(寝る前に飲む痛み止め 漢方薬が処方されているが 痛くならない前からお薬飲んでも仕方ないと疑問?
確かによく効くと新聞紙上で見たり・・・するけど?少しは軽く済んでいるのかな?
筋力の低下やホルモンの微妙な働きからも起きるようだが???)

外を眺めながら・・・朝から大粒の雨が窓ガラスを叩いている。

仲良し友も つまずいて転倒して足膝のお皿にヒビ が入ってしまい嘆いている。
右手首骨折して数年? その後気を付けなければと いつでも いつでも 下を向いて歩いてて
世の中  ♪上をむ〜〜〜いて 歩こう〜♪・・・って言うけれど(笑)
いつでも下ばかりみて歩いていて 遂うっかり上を見たばかりに転倒してしまったと
笑って嘆いた彼女!

お互いに加齢族には手痛い事ばかりが目の前に現れてきて、前を向きたい気持ちと
そうは甘くない現実に、大げさでも何でもない葛藤の日々!

 その2
長年行っているプールが工事のため20日間と長い休みに入り、少し遠い所まで行くことにした。
水深が違ったり お風呂も無かったりと勝手が違って戸惑ったプール。
25mのプールながら プールの底に20m位に 花を活ける時 使うけんざんのような
(あれほどは尖っていないけど)
 つんつんした ”足のつぼ”・・・とか言うのが敷いてあった。

”痛いな”・・・って 思いながらも 少しでも元気になりたい・・・の思いから
(大勢の人たちが澄まして歩いている)
泳いだ後 7日間毎日 その上を軽いタッチで歩いた。

一週間経った頃から足が異常に熱くなって 全体が変に痛い、
足の底を見たら真っ赤に腫れて 膨らんでいた。
変だ 変だと 家族に言って大騒ぎ
息子「それって痛風じゃ〜ないの?」
「うそ?」・・・って 驚いた。

果物ばっかり食べて贅沢?していて 贅沢病じゃないかと?
でも はたと気が付いた。

判った プールで あの”けんざん” らしき上を疑うことなく1週間も歩いた精だな・・・と
やっと気がついた加齢組に後で唖然!

足の底なんて なかなか見ないからね、
笑ってごまかす (もう治ったよ)。

2016/10/17 up