一生のお願い!

降ってわいたような忙しさに見舞われています

半年位前から娘が
「お母さんに一生のお願いがある」

「それって 何?」

娘は高校時代からバレーボールが大好きで結婚してからも、
ひたすらバレーボールを続けています
ベッドで眠っている乳呑み子を、そっと置いては出掛けた
泣いて困らせた時もあったろうに・・お姑さんにも迷惑を掛けたね・・・

今その子供も中・小学校になりました
まだ子育て真っ只中で仕事もしながら、何の為にと思うほど
夢中でバレーをやってきた娘!
(今はお姑さんたちとは独立して生活をしている)
主婦・子育て・仕事といつもほっとする間もなく忙しくて 
年中疲れと戦っています

念願だった県大会でもだんだん勝ち残り、優勝への夢も現実へとなってきました
3月頃?これで勝ったら全国大会なので、その時は
「お願いだから、遠方のことちょっと日数も掛るけど子供の面倒を見てください!・・・
お母さん 一生のお願い・・・!」

その後も毎日のように練習にも出かけたりで、傍からみていると体を心配するほどでした

そしてとうとう念願が叶い 県内で優勝して全国大会へ
(四国の高知とかでの)の出場が決まりました

四国と遠方なので往復するだけでも2日は掛るので留守の間の子供達の予定を立てて
試合へ望む準備に目を回している娘の様子が見えました
勝ち進めばどんどん滞在日数も長くなり周りも覚悟がいります

あれこれと手配をして、夜立ちで出かけました

お陰でばばさんの役目が廻ってきて 溜まっていた山ほどの洗濯ものと
食事の支度と 孫二人がきました

孫は孫で新学期も始まり、カルチャーのプールや、部活などで二人とも時間的なやり繰りをしながら
おば〜ちゃんの家とを往復したり・・・車に乗れない私は嫁ちゃまに頼んだりで もう・・・でした^^

昨夜娘から練習試合ではきのう2試合とも勝ったと、喜んで報告がありました

きょうは夢であった本番 全国大会で いま頃は始まって頑張っているかしら?

早く帰ってきて欲しい気持ちと、折角なので気の済むままで・・・と思ったりしています

娘婿にいいました 「悪いね〜迷惑ばかり掛ける娘で・・・」
「お母さん! 自分も常にしたいことをさせてもらっているから いいだよ! 
元気で 頑張って来ればいい・・・」

この言葉に私は胸が熱くなりました

でも 「お母さ〜ん お願い・・・」 がきっと忘れた頃にやってくるに違いない(^^;)

先ほど結果報告があり第一試合で、残念ながら負けたそうです

05.9.2