孫の健闘!(干し柿作り)

いつになく今年は初秋から晩秋に、暑い日々だったような気がします

あちらこちらで干し柿の便りを見かけるようになってきました
例年妹が柿の産地にいることもあって 友人宅の柿ですが妹夫婦が
手伝って収穫して 買ってきてくれます

毎年作るのでまだかな〜?・・妹に聞いてみました
「まだ青くて早いよ〜・・」と

やっと 11月25日の午後コンテナ3杯 約75キロが届きました
おぉ〜・・と急に忙しくなりました

早速居間に広げて作業の始まりです
ヘタを取り へたの周りを包丁で丸く剥いて 皮むきで全体を剥きます
3時から始めた作業 一緒に作る友人もまだ用事で来られない・・・
捗らないな〜・・とイライラ しはじめた頃 二階の孫姫が降りてきて
やにわに目が輝き ”何を手伝おうか?・・・”
皮むきをやってみたのだが、手を切りそうで どうも本人も自信がない・・

「じゃ〜ね〜 この ヘタを取ってくれる?」

2〜3個どうしたら上手く取れるか二人で あぁ〜でもない こうでもない・・と

「わかった! おば〜ちゃん こうすれば・・」って、廻しながら一度にきれいに取る方法を掴んだのです
「そうやったらきれいに取れるかも知れないが 手が痛いよ〜」
「いいの!・・」

それから手を休めることもなく ずっとずっと同じ作業なのに夜9時まで
コンテナ3杯分(約450個)ほとんどのヘタを 一人で取ってくれました

途中一緒に作る友人も加わり、本格的に居間いっぱいに広がりました
バケツに小分けしながらの作業で 私と友人は皮むき専門で座っての作業です 
手がベタベタで 下に手が突けないので 
私たちババ二人は いっぱいになったバケツの移動に立てないのです  
あはは・・・大笑い

そこで孫姫は軽々と立ち(勿論)、バケツ移動係も兼ねて大ハッスルです
途中「手が痛いでしょ! もういいよ!」・・・全然お構いなしです
翌日 傷テープを右手の人差し指に張ってある孫!
「やっぱりな!・・」 「違うのぉ〜・・」って 云い張った孫姫 ぶぶっ!

家では干せるスペースがないので 夜9時過ぎから友人の家に全部移動です
その持ち運びも大人と一緒になって・・・ま〜〜〜(^^;) と孫はそこまで・・・

ばば二人はその後 35度のお酒に消毒のため一度漬けて 
ヘタをビニール紐で5個づつ縛り
持ち運びに便利なように、ハンガーへくっつけて竿に干していきます

やってしまわないと気が済まない二人 夜11時もとっくに過ぎてしまいました
やれやれ! 連続8時間も座りっぱなしで おむすび一個  かじっただけの夕食で
ダイエットにはよかっただろうが・・
疲れた長い一日が終りました

それにしても孫姫(小一年)のあの頑張りようには、ババ馬鹿なババですが
働くことの執念が、この歳にして負けてはいない根性があっぱれでした
ありがとうね〜 とても助かったよ〜

友人も孫を感謝いっぱいで 抱きしめてくれていました。。。


 干し柿作りの要領

@ ヘタを取る
A ヘタの周りを剥く
B 全体の皮を剥く
C お酒(35度)にくぐらせる(殺菌作用)
D 紐で結わえてつるす(寒さや 風が当たって乾燥した方がかびない)
  約4週間干して出来上がりです




05.12.1