宿題(2)

ちょっと間が空いたけど 小2の孫 「宿題」の続きです
どんな問題だったのか ちょっと見てみます?^^;

ケシゴム 一ヶ 90円
鉛筆 一本 60円
これを買いました、いくらお金を払えばいいのでしょうか 
計算の仕方を言葉で表わしましょう

こうだったと思います
単純にはすぐ150円と出ますが これは単位の勉強ですから
まず 1 の位は 同じ0と0を足します
次に 10 の位は 9+6=15となります
私たちには目で追っただけですぐ答えが出ちゃいますが
小2年生では上手く文章で書き表せません
これをばばに「答えだけ教えて・・」って迫ったのです
「じゃ〜 よ〜く 聞いてよ・・」私
でも孫は 「答えだけでいい・・」の押し問答で プンプンして怒ります

意味がよく判らないと文章には表わせないので そんなところが
勉強だったようです

それもママの一喝でちゃんと書けたようでした やれやれ・・
面倒なような判りにくいようなものに限ってばばのところにきます
心の逃げ場なのかな?

*****
お説教

きのうはまた上のお兄ちゃんへ(小6年)、ママからのエキサイトした声が聞こえていました
サッカー大好きで、そんなクラブにも入り週3日の練習や、毎週のように日曜日も
親子揃って暑い日も寒い日も、お弁当持ちで出かけます
よくはわからないのですが、その中でも優勝したようです

そんな体力づくり第一の時に、毎度ながらファミリーレストラン並みの
ママの手作りの食事に小言を云って、孫が食べなかったようなのです
「あなたの今の目的は何ですか?
小柄なのでいちばんが体力づくりのはずなのに、何を考えているの? 
好き嫌いをする前にプラス思考で頭で考えて
食べるように心掛けないような子は
食べる必要はないから、食べなくてもいい・・・」と
ついでのお小言に、何事にも自主性がない・・自身の成長がないとも・・・
いらないついでの、お小言まで頂戴していたようです

こんなお説教が長時間 聞こえてきました
(普通の会話は全然聞こえないのに 、エキサイトしている分 声が伝わるのかな^^;))

そのあいだ下の孫はその場に居たくないのか、ばばのところに避難してきます 笑
ここでも下の孫は私に八つ当たりして、上に帰っていきました
「おば〜ちゃん 今何時?」
「9時ちょっと前だよ」
「ちょっと前じゃ〜判らん、はっきり云って!」孫
「9時2〜3分前」
「じゃ〜8時57分で云えばいいのにぃ〜」孫
「判っているなら聞くな・・」私 あはは・・・
(お兄ちゃんが叱られているのがイヤで、面白くもないのかな?)

真剣に子供を育てるママの姿には頭が下がったり、
感心したり、難しかったりと大変だけど
若いことはいいなぁ〜・・・と!

娘方との孫同士4人が 話しているのを耳にしました
家の(小6)が 「俺は一年に一回位、超デッカイお説教を食らう・・」と!
孫同士でおば〜ちゃんを挟んで、云いたい放題をいい
心のうちをさらけ出して、笑いあっていた
今回もこれに当たる超デッカイ お説教だったのかな(^^;)

翌朝は何もなかったような元気な顔して「おば〜ちゃん 行ってきま〜す」と
孫二人揃って出かけて行きました

06/5/26 up