負けないぞ!

秋になってヒヨドリが騒ぐように、友も私も干し柿作りをやらなくちゃ〜と気持ちが騒ぎます

”たていし”という品種で割合大きめの柿です
今年は不作?の 年だったようで 沢山ならない代わりに 大きな柿でした

孫は出掛けるというのに 「おば〜ちゃん 私手伝う・・」って
昨年頑張ってくれて おお助かりしたことを 友も私も大層喜んだので 
これが忘れられないのか こんな仕事が大好きなのか 
お出掛けを断ってまで 手伝ってくれる事になりました

コンテナ3杯 並な量ではありません
早速ヘタ取りを・・そして単調な作業なので今年は皮むき機で皮を剥いてみたい・・・と
「じゃ〜こうして・・・」って 
2〜3個はもたついていたのに 間もなく私たちと同じような速さに剥いていて 
やる気になれば 小2年の孫なのに こんなにも上手く器用にこなせることに
ババたちは目を見張りました

私たちは好きでやっているものの 根気のいる仕事で 手足も腰も疲れ果ててきました
でもこの小さな孫が頑張っているので・・と大笑いしながら
励ましたり励まされたりで ほとんど一日係りでの作業でした

おば〜ちゃんから 毎月のお小遣いは 小2年だから200円
小6年には600円 中学2年には1200円・・と決めてあるので
「じゃ〜 おばちゃんは 一か月分の200円上げるね」と友人
この時間給はとっても安いと大笑いしながら 
誰か遊びにこないかなぁ〜・・って 
猫の手も借りたいほど手間が掛かるので このあり難さには感謝ばかりでした

途中では疲れたのか 腕を上げ下げしている様子も見えたので
「もういいよ〜 遊んで来て・・」と
何度も声を掛けましたが 孫は最後まで頑張り通しました

秋の夕暮れは早く そして友人が明日はお出掛けで 
どうしても 今日中には作業を終えたいと云うので
我が家で剥き終わり 友人宅へ移動して焼酎に漬けて 紐で結んで吊るす作業です
(これは夕暮れでもあり疲れたようすなので、友人と二人でしました)
作業を終えたのはとっぷりと日も暮れ あたりは真っ暗になっていました やれやれ・・

そして数日後 干して頂いている友人より電話が入り
干し柿をヒヨドリが見つけて大変なことだと・・・
「あす う〜んと早く来て!こんな簡単なネット位ではどうにもならない
何とかよい方法を考えなくちゃ〜・・」

翌朝まだ陽が上らない 暗いうちに出かけました
「あのね 鳥が早いか こっちが早いか 勝負よ・・」
大笑いしながら 柿全部を細かいネットで被い 荒めのネットで
鳥がそこまで行かれないように 工夫して
「これでよし! もう万全ね 入れるものなら 入ってみろ・・」二人で高笑いしました

翌朝また電話で 
「人様がくぐって通れるようにしたところや 竿の上に止ってやられた」
知恵比べ 根比べでまだ 負けちゃた・・
その後 竿のところには シーツのいらなくなったのを
隙間なく張ってくれたそうな・・ やれやれ

その後はこっちが勝ったな
今はヒヨドリの声はするけど もう入れや〜しないよ・・って!
大笑いしたり 悪戦苦闘した干し柿作りでした

そろそろ美味しく出来あがる頃でしょう♪

そして孫にもヒヨドリにも負けたくないぞ〜・・笑
孫の若さには もう勝てないけどね

06.12.19