家族で旅行

孫達が小さい頃は娘一家と 我が家族でよく旅行をしました
だんだん子供たちとの時間の都合も付かなくなり ここ数年ストップしていました
今年は何とか調整が出来たので この春休みに出かけてきました

予定を立てた頃は 「家を早く出て あっちへも こっちへも・・」 と夢ばかりが広がりました
でもでも・・で やっぱり用事ばかりで 両家族(9人)揃ったのは
お昼ちょっと前の出発になりました
加えて予報通り雨の一日となりました が 何処へ行っても みんな揃っていれば楽しい子供たち(孫)
わいわいと賑やかに早めに宿に入れました

ご馳走も美味しくいっぱい頂いて 温泉三昧  トランプやゲームコーナーでもどの顔もにこにこ・・・
外は雨でも全く困りません 

翌朝は私の願い「日の出と海」・・は雲も多く 見えなくて残念でしたが
孫たちも道中では広いところを捜しては寄り道 小高い山を滑って降りたり 
車中でもそれなりの楽しさを味わいながら・・・
私の願いを聞いてくれて 富士五湖巡りとなりました

昼食を山中湖辺りで済ませた頃から 何処から見ても雲の中で
躊躇があった富士山でしたが 顔を見せ始めて ラッキー♪
私は一人ハイになってきました
以前と違う方向から 全部が湖面へ写る田貫湖へと・・・
時間を逆算してその田貫湖へと一路進んでくれました
着いて湖面を見たら 全容姿がそっくりと映っているのです
(以前の所は富士山を真正面に 両方から木立の山あいになるので
木立のない すっきりした姿が見たかったのです)

「わぁ〜 逆さ富士の全容姿が 茜色に染まってくれる ヤッホー・・」
日没近くなり山々に囲まれた湖面は ひんやりしてきましたが
釣りを楽しむ人 散策をする人 走っている人 夫々にこの清々しい空気の中を
思いおもいに楽しんでいます
息子も待ち時間を利用して持久走を始めました
ひと回りしてきたら
「お母さ〜ん あっちの方は カメラマンでいっぱいだよ」

「えっ・・ それっ 行け!」・・って そんなにいい所があるのかな?・・私

三脚背負って 一眼カメラとコンパクトデジと二台を首に引っ掛けて
あっちのカメラマンのいる方へと 俄に走りだしていました
日没少し前の5時半頃 空も茜色に変わる頃です
どの辺りか大体は判っていたけど 富士山が見える所かはよく判っていません
もっといい所があるに違いない・・とね

滅多に走ることなどない私なのに・・(もう普通の時は 走れない・・笑)

どれ位走ったか気がついて振り返ったら 富士山は見えない
戻っても 行っても真ん中辺りかな?
焦った あせった!
重たいし折角待っていて 茜色になり始めた この時になって移動し始めるなんて・・・
はぁ〜はぁ〜 ぜぃ ぜぃ・・笑いごとではありません

山あいで湖ぎわの夕方でもあり 急に冷え込んできても 暑くて汗ばむ程でした
走って行って 見えたところは この前撮ったところと同じ所でした あらら・・・
 
入る隙間もないほどのカメラマンたちでいっぱいでしたが
僅かに空いているところへお願いして入れて頂いて この前と同じような景色だけど
茜色に染まる逆さ富士のデジに挑みました 
ほんとうに やれやれ・・

せっかちというか 「そんな大勢のカメラマンだったら・・・」 と鵜呑みにしてしまいました
でも先に構えたところでは 風も同じように静かなのに 「この波はどうして?」と
風紋状態が気になっていたところだったので 
場所を変えてもいいと素早く判断できたようにも思えました
結果的にどっちがどっちだったか判らないけど 両方 それなりに撮れた?から 
”何時ものように ま〜いいかぁ〜”
嬉しい 宝物がもう一枚 また増えて とても思い出の多い旅行になりました

拙い ひとりごと 100回 になり お付き合い下さったみなさまに 心より感謝申し上げます
今後共によろしくお願いします

その時のようすが ここから行かれます
http://mitikusa2.com/oriori/oriori-07/kazoki-fuji/kazoku-fuji.htm

07.3.31
右上×で戻ります