狸寝入り

早いもので 新年にかわり もう6日にもなります
庭先の満月ロウバイも一斉に ほっこり膨らんできました
ほんわかした春の香りが漂っています

お正月と言えば 我が家のお二階息子一家は
新年にはいつもママの実家へ皆で行きます
あちらのご両親もスキー大好きなので
山に皆で出かけるようです

ババの私は一人でのんきに 嬉しいやら 寂しいやら・・・
勝手なもので夢中で何かをしたい時には お邪魔虫なのに
どこか間が抜けていてやっぱり落ち着かない・・・笑

3日間留守にした若者たちは楽しんで夜10時過ぎに帰ってきました
そこで見た光景に大笑い・・・

6年生になる孫がぐっすり眠っているのか パパの背中に・・
二階にそのまま上がって行く様子をみてばばの私は大笑い・・
6年生にもなってパパに負んぶして貰ってねぐらに戻って行った

下の娘は小一年の時に偶々私が二階に上がって行った時
パパに負んぶしているので「どうした? 具合がわるいの?」って
思わず尋ねてしまった
「今から 寝るところ」・・はぁ〜〜〜笑

この幸せな光景を眺めてババの私はとってもほっとしました

乱れたこの頃のニュースに耳を覆いたいことばかりの世の中
なんと幸せな・・・
叱られるときはしっかり小言を貰い 甘えられるときはこうして
狸寝入りなのか?もうじき追いつく背丈に・・

きょうも パパの自転車の方がもう「大きさがちょうどいい・・」とかで
一緒に買いに行きました

このまま素直で甘えたり 叱られたりと人間らしい情と暖かさを
忘れないように大きくなってね

07.1.6
右上×で戻ります