笑えたこと

みんなでちょっとお出掛けします
お土産を用意せねば・・・
「何人位かしら? 幾ら位の物を用意しようか? じゃ〜○○にしようか」

「全部俺がもってあげるから買ってきて!」

「えっ! 全部もってくれるの?」

「少し位重くても大丈夫だから・・」

「違う ってば 費用の は・な・し」 ・・・大笑い

3年に一回の同級生の旅行が予定されました
そろそろ高齢化して体調のよくない人などが
出始めてきました
元気なうちにと少々のことは無理しても出かけなければ
この先はないかも?・・ってね
みんなお互いに そんな気持ちです

そんなやりとりの中で ちょっと電話番号のメモが必要になりました
「云うから 書いてね 123−456−7890」 
「へっ! 何 なに ○○」
「違うよ △△」
「へっ?」
「どうしたの? 数字が書けないの・・・」

やっと書けました

連絡ながら別の友人にその話をして
「じゃ〜云うで書いてみて! 云うよ」
「わたしに試さんで・・ あはは・・」二人で大笑い

あちらの横断歩道で手をあげて渡っている人がありました
私の友人はそちらに向かって手を振りました
「あんた 誰に手を振ったの?」
「知らん・・・」?
「知らん人だったの?」

二人でしゃがみこんで笑いあいました


07.1.18
右上×で戻ります