おっとっと・・

カワセミに会いたい 見たい 撮りたい・・で 9月下旬より3回も東京方面まで
電車で出かけ また間には長野方面にも電車で出掛けました

嬉しくて 楽しくて この世の華とばかりはしゃぎ込んでいました
ところが 先日の出かけ時に びっくりしたことがありました
慣れているような錯覚で電車の乗り換えに躊躇もなく
重たいカメラやレンズ そして三脚を持ち老体に(?)むち打っての旅に
エスカレターの乗り換えは当然です
どっち側からだと どっちへ上り方向なのか 
いつも探しては必ずそれに乗って移動します

今回もさっと乗って ビジネスキャスターを手前に乗せて
自分も左側に乗り 真ん中辺りまで行ったときほっとして気持ちがゆるんだのか
ビジネスキャスターは右手 体は自然に横の壁の部分へ寄りかかってしまいました
すると 大変なことが起きました
足元は上りの方面へ 体は置いて行かれるので 2〜3段後下がり
おっとっと・・ってなものではありません
体が置いて行かれて バランスが崩れて 後ろへでんぐり返りそうになり
心臓が破裂しそうにパニックになりました
異変に気づいた前に乗っていられた方が 2〜3段さっと降りてきて
キャスターを支えてくれて?(はっきり覚えていないのです)事なきを得ました

その瞬間頭が真っ白になり今もって何段後ずさりしたのか
どうして立ち直れたのか はっきり覚えがありません
でもその瞬間には お礼が言えたのは確かです
上がってから追いかけてでも もう一度お礼を言うべきだったと
恥ずかしくてすまして反対方向へ行って新幹線に乗車してしまいました
老いの判断力の鈍さと 咄嗟の行動が伴わないことに反省しきりでした
またどうなっていたかと思うと心臓の高鳴りを覚えます

これからは エスカレターに乗る時はこのことは忘れないように
気をつけて側面へ寄りかかるようなことは先ずしないと思うけど
腰痛もあり 体がきついのでやたらと座り込んだり 寄りかかったりと
少しの段差につまずいたりと思わぬことに遭遇する事が
あること 気をつけなくてはとつくづく思った旅でした

でも元々さっぱりした性格で? 忘れてまた出掛けることでしょう
失敗したことまで さっぱりしていては 困ります・・笑

08.11.11
右上×で戻ります