美しい楓

新緑も深緑に変わって行く山々
体調も今ひとつながら偶に出掛ける山はお見事な美しさ!
小さな手を広げたような可愛い楓
日の光を浴びて透き通るような若緑には圧巻です

ところがその下に三脚を据えてどてっと椅子に座り込んで
サンコウチョーのお出ましを今か今かと待つのです
帽子を被り皮膚の出ているところが少ないような
格好での野鳥 見・撮りです

座ってじっとしている 鳥撮りはいつも動くものばかりに
敏感に反応するものです
枯葉が落ちても反応する可笑しさ^^;
目の前の帽子の辺りで動くものが・・・
帽子をとってみると10cm近くもある毛虫が帽子に止まっていて
「ひやっ〜」私の悲鳴
その悲鳴に周りにいた知人が 20cm?近くも椅子から飛び上がりました 笑
笑っている場合ではありません

見たら若葉の柔らかい芽にいっぱいの毛虫がおりました
やれやれ・・これからは 楓の下での鎮座は当分しません

鳥撮り
動いている野鳥を追う難しさ
友人たちと野鳥を追っていて同じように視野に入っていながら
撮ることが出来ないもどかしさ
どうしてだろう???
ナイスチャンスを物にできた時だけは「運がよかったぁ〜」・・・とご満悦
でもでもこの少ないチャンスをほとんど捕らえている友人!
そこでやっと 私の探求心が沸きました
教えて頂いたら「照準器」なるものの活躍があることが
判りました
早速ネットで発注できて すぐ入荷しました
”目から鱗”・・って ほんとうにこのことだな^^;

動く物を肉眼で捕らえて 光っている焦点へ(照準器の)と合わせて
カメラ本体の方へ目線を移せばそこには
的を絞ったものがすぐ見えるのです へぇ〜 すごい! やったね♪

このどうして? 何で?・・
思ったことを聞いたり 色々に疑問に思うこと!
この疑問に思ってもう一度考え直して見ることの大切さを
痛感させられました

野鳥撮りの時の 露出・絞り・ISO・モードの選択など・・
教われば少しでも思うようなものに近づけるられるような
気持ちにもなってきました

その場に立ったとき 咄嗟に行動できるように回数を重ねて
精進あるのみです 
(どうしても加齢が辛い ははは・・ ほんとうにそうなんです)

もう「うるさい」・・って諸先輩の方たちに 云われないように
頭の回転のアンテナを少しでも高くして・・です はい!

09.6.6
右上×で戻ります