検診

年一度 市の総合検診が6月9日にありました
この検診には一年一回 安心料と思って出掛けます

さてと そろそろ検診の結果が郵送されそうだと毎日毎日郵便屋さんの
バイクの音に反応してすぐ見に行きます
2週間ほど経った数日前 配送されました

このところ体調が優れないで 体重も43キロまで(長年50キロキープ)落ちてしまい
痩せのところ更に輪を掛けてひやひやしていたのです

大きな封筒を開けると 「親展」と赤い印鑑
更に「精密検査を受けるように受診して下さい」
紹介状が入っていました

ひゃ〜きたきた・・遂にきた 悩んでいたこのところの
胃腸不良できっと胃ガンだと咄嗟に思いこみ 体が震えてきました
明細は持たないで 親展の封筒だけ持って
お二階の嫁のところへすっ飛んでいきました

嫁は夕食の揚げ物をしていて手を休めることはありませんでした
「おか〜さん 明細が入っている訳だからみて見たら・・・」

ふっと我に返りゆっくり明細を見ていったら
内診の時にも先生にも云われたように血圧が「149〜96」で
「白衣高血圧症でよくあることです 心配はないでしょう」・・・と!
これに引っかかったのです
(血圧は気にしているので家でも時々計って確かめています)

それと 「痩せすぎで栄養の点で指導を受けて下さい」
やだやだ^^;) ろくな物も食べないで栄養失調みたい 笑

今まではこのように”親展”などというびっくりするような
封筒入りのものは見たことがありませんでした
驚いて たまげて もうこれで ・・・かな?

このところの体調不良に (耳の辺りの鈍痛があり・・)
兄嫁の身内で耳の癌が判り来週には手術とか聞いたばかりに
そんな癌があるのあるの?・・
益々色々のストレスが重なり 落ち込んで痩せる一方でした

でもでも 笑えるやら びっくりするやら 加齢は通過していかなくてはならない
高齢者になってきました

出来るだけストレスは受けないように 生き甲斐を見つけては
楽しい生活をしていきたいものです

09.6.28
右上×で戻ります