頑張れる・その動機?

え〜っとね〜私の とことん”頑張れるその動機” は ね

私が6歳の時 あの終戦(S20年8月)でした
その前後の混乱した時代は食料も乏しくて
零細農家の我が家も 農家でありながら
家族7人が食べて暮らすには容易ではありませんでした
父母は朝も早くから日が落ちるまで農作業に明け暮れて
先ず家族の食べるお米や野菜など全て作らないと・・・
大げさなようだけど 生きてはいけない時代でした

兄弟5人・・(この時代には これくらいが普通だったけど)
兄と 私 そして下に弟2人と 妹の5人です

長女の私は 盆やお正月を除いて 小学校3年の頃から
毎日の食事作りは当たり前のようになっていました

お水はといえば井戸から「つるべ」を使って汲み上げて
家の中まで運んで来るのです
台所で使う水も お風呂水も お洗濯も・・

そんな頃(S19年12月7日)東南海地震(マグニチュド6?)があり
学校も全壊 我が家も半壊で暫くは
家の中には住めなくて
竹藪に筵を敷いて寝たり・・と
ほんとうに混乱した大変な時代でした

学校から帰ると 賑やかな遊び声がどこからともなく聞こえてきて
遊びたかったことや
小さな手で 鍋いっぱいのジャガイモの皮を剥く手が
こむら返りはするわ
これは厳しかったですね

お盆や お正月の開放された日の嬉しかったこと 飛び上がって喜びました

全てがこの調子だから 小さい時から 培われた忍耐 頑張れる力が
自然と身に付いたのかも知れませんね

動機と言ってもこれだ!・・ってこともないような気もするけど
フィルム写真の頃から写すことは大好きでした♪
時代と共に自分や周りも落ち着いて (子供たちや両親などもそれぞれに・・)
今の自分には時間もいっぱいできて
そして頑張りだけは 幼い頃より培われてきたので 怖いものなし!
(・・ってほどでもないけど 笑)

ネットを始めてお付き合いも広くなってきた結果
何をどうした?・・情報として楽に表せることが写真でした
また ヘタでも数打ちゃ〜で頑張れた動機かな?

今の嬉しい日々に感謝 感謝です

○○子さんの仰る通り 軽いフットワークと好奇心を持って
老後真っ只中の今 惚けないで 元気でいられますように♪・・


これは 先日のネット友の ○○子さんが
動機?など 聞いてみたい?・・と

あんりまぁ〜恥ずかしい
半世紀以上前のことも昨日のことのように
思い出せてお話ができました
失礼しました^^;)

09.9.29
右上×で戻ります