雨の日もまたいい♪

朝からしとしとと冷たい雨が降っています
いつも案じている叔母さんのその後の様子はどんなかな?
お変わりなく過ごしているかしら・・と
久し振りに叔父さんと電話で話をしました

「昨夜は一時間位の間隔で起こされて ちっとも眠れなかった
きょうはショートスティに行ったから 休んでいたところだよ」叔父

「あらら そりゃ〜起こしてしまって悪かったわね」

「夜起こされてゆっくり寝られないので 怒れるときもあるけど
人間凡夫なので 仕方ない
でも考えてみると 女房は半身不随 左手も脱臼したまま・・
それを思うと 寝返りも打てないから ぐずぐず言っても当たり前だと思うんだ
こうして二人でずっといられる・・
俺は 今 う〜んと 幸せを感じる
病気をしている人の方がずっと大変だもんな
俺には過ぎた女房なので 今までの分恩返しだな・・」叔父

叔父さんの熱い看護ぶりにまたまた励まされました
へぇ〜叔父さん偉い! 偉いなぁ
ほんとうだけど ほんとうにそう思っていてくれている
涙が出るほど 嬉しくて 有り難くて 感謝のしようもないほど嬉しい

「そう言ってくれるから俺も頑張れる・・
病状は時々引きつけを起こしてびっくりするけど
周りには嫁ちゃんもいるし・・
食事は作って貰って不足なく食べているよ
それでな あの子は(女房のこと)ちょっと太っちゃってな!・・
昔ながらの大根や里芋などの煮物が出ると
”美味しい”と大喜びをするので 俺の分まで
あっちへ乗せてやるんだ
美味しく食べられてにこにこしている顔をみると
ちょっとばかり太ってもいいじゃ〜ないかい
それが俺には う〜んと 嬉しくて 可愛いよ
度を超さない程度にしなくちゃ〜いけないけどね・・」叔父

はい はい 判りました ご馳走さま♪
愛のご馳走もう〜んと美味しかったよ 叔父さん

叔父さんありがとう
叔母さんのことよろしく頼むね

しっとりとした冷たい雨が一日降っていたけど
気持ちも落ち着いて ゆっくり話ができてよかった

09.12.3
右上×で戻ります